本文へスキップ

新しい視点で金管バンドを活動する 全日本小学生金管バンド連盟

研究資料


全日本小学生金管バンド連盟 会員研究資料 (閲覧にはPWが必要です)

『バンド経験がない指導者でもバンド運営はできる!』  
● 第1章 「小学校(生)バンド活動の形態」 

【研究資料より一部抜粋】
練習場所や部員の確保が難しい。学校を練習場所にできない場合には保護者の負担が大きくなる。平成10年に制定された「音楽振興法」という法律をご存じですか?特に社会教育バンドの運営者は、この法律を学んで交渉するようにすれば、少しは道を開くことができるかもしれません。
・・・・・続きは資料へ
 2013/05/23 掲載
● 第2章  「バンド経験のない指導者にできること」
      「新入部員・バンド結成時の練習」


【研究資料より一部抜粋】
バンド経験のない指導者が指導するには、アドバイザーが必要不可欠となります。「この人の言うことなら・・」と思って指示を仰ぎましょう。
・・・・・続きは資料へ
 2013/05/31 掲載
● 第3章 「指導者が心がけておきたいこと」

【研究資料より一部抜粋】
ドイツ音名と自分の楽器の音名(音階)と合わせて覚えさせよう。金管バンドで使用する楽器には、トランペット(コルネット)〜バスがあります。チューニングをする時には、それぞれ楽器の音を細かく指示しなくてはなりません。それを解消しようと思えばドイツ音名と自分のパートの音を覚えさせることが最善で・・・・・きは資料へ
2013/06/07
掲載予定

別紙資料























全日本小学生金管バンド連盟

全日本小学生金管バンド連盟

事務局長 山中幾代 

TEL:059-382-0242

FAX: 059-382-1078

〒513-0801

 三重県鈴鹿市神戸二丁目12-10

 鈴鹿市立神戸小学校内

メール@全日本小学生金管バンド連盟